メンズスキンケアの選び方や方法を解説!肌荒れやニキビとおさらばしよう

近頃では、有名なデパコスからも男性用のメンズコスメが販売されています。肌荒れをどうにかしたい、シミやしわが気になるという方が増えてきたのです。しかしスキンケアアイテムの選び方がわからない正しいお手入れの方法を知りたいと思っている男性も多いでしょう。

ここでは、スキンケアの選び方から手順までご紹介しています。自分に合うアイテムを見つけて、理想の肌を手に入れましょう。肌が健やかになるだけで、第一印象もぐっとよくなります。

メンズでもスキンケアが欠かせない理由


スキンケアは女性がするもの、という印象が少し前までは強くありました。しかし実は、男性も女性と同じように、スキンケアをする必要があると言われています。男性の肌は思っている以上にダメージを受けやすい状態にあるのです。

水分量が少なく乾燥しやすいから

男性の肌は水分量が少ないことが大きな特徴です。女性と比べると3分の1から2分の1ほどの水分量しかありません。男性は皮脂量が多いため乾燥していることに気づきにくいのですが、保水力が弱いためすぐに水分が蒸発し、乾燥してしまうのです。

肌を外的から守るバリア機能は、水分量が十分にないとしっかり働かないため、男性の肌は肌荒れを起こしやすいと言えます。

皮脂分泌量が多いから

皮脂量は逆に女性の2~3倍ほども多いことが特徴です。ニキビは皮脂をエサとして繁殖するアクネ菌が原因のため、ニキビに悩まされる方が多く見られます。

また、皮脂が毛穴に詰まって目立ってしまったり、皮脂分泌量の多い部位が炎症を起こしたりすることも少なくありません。皮脂が多いために乾燥していることに気づかず、バリア機能が低下して肌荒れしやすくなることも考えられます。

シェービングで肌が刺激を受けやすいから

ほとんどの男性が毎日のようにしているヒゲ剃り。シェービングの際にどうしても肌の表面にある角質層を傷つけてしまいます。角質層は外部の刺激から肌を守る働きがあるため、傷がつくことでヒリつきや赤み、時にはニキビや肌荒れなどの原因にもなるのです。

これらのトラブルを防止するためにヒゲ脱毛をする男性がいるほど、シェービングは毎日のように肌へ負担を与えています。

メンズのスキンケアの手順


スキンケアの手順は基本的に次のとおりです。洗顔後に使う基礎化粧品は、お肌の状態やトラブルの種類によって使い分けるとよいでしょう。

洗顔

洗顔は皮脂や汚れを落とすための大事な手順です。しっかりと洗顔をしておかないと、後で使用する化粧水や乳液などが皮脂や汚れで弾かれて浸透しにくくなってしまいます。

メンズ用の洗顔料にはさっぱりタイプのものが多くありますが、あまりに皮脂を取り過ぎるものだと肌が乾燥しやすくなるので注意しましょう。またスクラブ入りのものを常用すると、肌に負担がかかるので、週1~2の使用にとどめるのがベターです。

化粧水

洗顔で皮脂や汚れをきれいに落としたら、まず化粧水を使って水分を補います。化粧水は手でつけてもコットンを使っても、どちらでも構いません。手でつけると肌に摩擦を与えにくく、化粧水の使用量が少なく済みます。ただし、塗りムラになりやすいのがデメリットです。

コットンを使うとムラなく肌に浸透させることができますが、コットンに染みこむ分の化粧水が余計に消費されてしまいます。肌が荒れているときは摩擦を抑えるために手でつけ、とくに荒れがなく乾燥が気になるときはコットンを使うなど、使い分けるのもよいでしょう。

乳液

乳液は水分と油分の両方を含んでいることが特徴です。化粧水で補った水分が肌から蒸発しないように蓋をしてくれます。乾燥しやすい頬や目の周り、口の周りなどは多めにつけ、皮脂量が気になりやすいTゾーンは少なめにつけるのがおすすめです。

潤い不足が気になるなら美容液やクリームも

美容液は乳液の前に使うアイテムです。化粧水では補いきれなかった保湿成分や美白成分などを含んでいます。クリームは乳液の代わり、もしくは乳液の上から重ねて使うアイテムです。

油分を多く含んでいるため、肌をやわらかくしながら水分量を保ってくれます。肌の乾燥具合に合わせて美容液やクリームなどを使うことで、より保湿効果を高めることが可能です。

外出する際は日焼け止めも忘れずに

日頃からどれだけ丁寧にスキンケアを行っても、紫外線対策をしなければ水の泡になります。紫外線はヒアルロン酸やコラーゲンを作る細胞にダメージを与え、肌を乾燥させてしまうのです。またシミやしわの原因にもなるため、浴びれば浴びるほど見た目年齢が上がってしまいます。

化粧水や乳液、クリームなどを使ったスキンケアが終わった後、日焼け止めも忘れずに塗る習慣をつけましょう。最後に日焼け止めを塗ることで、スキンケアをした肌の上に紫外線に備えたバリアを作るイメージです。

メンズのスキンケアアイテムの選び方


スキンケアを正しい手順で行うことはもちろん大切ですが、どのアイテムを使うのか選び方にも気を遣わなければいけません。

肌に合った洗浄力の洗顔料を選ぶ

皮脂を落としすぎる洗顔料もあれば、洗浄力が弱くすっきり洗えないものもあります。皮脂を落としすぎれば乾燥や肌荒れの原因に、うまく洗えず残ったままだと毛穴詰まりやニキビの原因になってしまうものです。肌のコンディションをよく保つためにも、肌に合った洗顔料を選んで使いましょう。

EVANSのジェントルクレンジングパウダーは、毛穴の奥にある汚れまですっきりと落とせるのに乾燥しにくいことが特徴です。酵素が肌にたまった角質を落とし、ツボクサエキスが肌荒れを予防。コラーゲンが潤いを保ってくれます。

皮脂の多さが気になるなら高保湿タイプの化粧水を選ぶ

皮脂量が多いと、ついついさっぱりしたタイプの化粧水を選んでしまうかもしれません。しかし、皮脂が多いときこそ保湿を重点的に行う必要があります。

実は、皮脂量が多いのは肌が乾燥している証拠です。乾燥している肌を保護するために皮脂が大量に分泌されている状態になっています。いわゆるインナードライと言われる状態です。洗顔後に肌が突っ張るのに、時間が経つとベタベタしやすい方は、インナードライの可能性が高いでしょう。

肌の乾燥具合に合わせて乳液やクリームを選ぶ

乳液やクリームは、肌を保湿するうえで欠かせないアイテムです。乾燥しやすい方こそ、乳液やクリームはこだわって使いましょう。肌が乾燥しすぎず、かといってベタベタになりすぎないもの選びます。ベタベタしすぎるものは、保湿力が高いのは間違いありませんが、毛穴を詰まらせたりニキビの原因になったりするためおすすめできません。

スキンケアに時間をかけたくないならオールインワンもおすすめ

ささっと手短にスキンケアをしたいのなら、オールインワンタイプのものがおすすめです。オールインワンなら化粧水や乳液、クリームなどの機能が1つにまとまっています。

肌をきれいに健やかに保つためとはいえ、毎日のように化粧水や乳液など多くのアイテムを使ってお手入れするのは大変なものです。仕事や家事で忙しく、スキンケアの時間を十分に取れない方もいるでしょう。とくに朝方はバタバタしてスキンケアどころではない方が多いはずです。

とくに朝から忙しくてスキンケアに時間を割けない方におすすめなのが、EVANSのハイドレイティング UV ジェル。紫外線をカットしてくれることはもちろん、5種類ものヒアルロン酸を配合しているので保湿効果にも優れています。ジェル状なので肌がベタつきにくく、朝から使用するのにぴったりです。最低限のケアがこれ1つで叶えられます。

肌の悩みに合う成分が入ったスキンケアアイテムを選ぶことも大切

肌を健やかに保つためには保湿が第一です。さらに肌悩みにフォーカスしたスキンケアをするためには、配合されている成分にも注目してみましょう。肌荒れを予防するものや美白効果のあるものなど、さまざまなタイプの基礎化粧品があります。

EVANSのシカセラムは、男性が悩まされやすい肌荒れを予防しながら保湿までしっかり行ってくれるアイテムです。ツボクサエキスが肌荒れを予防し、イデベノンやヒアルロン酸、コラーゲンが角質層まで潤いを与えます。

まとめ

水分量が少なく皮脂量が多い男性こそ、スキンケアが大切です。化粧水で肌に水分を与え、乳液やクリームで水分が蒸発しないように蓋をしてあげましょう。肌荒れを予防する成分や美白成分、保湿成分など、肌の悩みに合う成分が入っているアイテムを選ぶことも大切です。

紫外線は肌の老化に大きく関わっており、肌荒れや乾燥の原因となるため、紫外線対策も忘れずに必ず行いましょう。