毛穴ケアで黒ずみやたるみを解決!その方法とは?

毛穴の開きが目立ったり黒ずみがあったりなど、毛穴のお悩みをもっている方は多いでしょう。しかし、毛穴をきれいにしようとケアしているつもりなのに、かえって逆効果になるケアをしている方も少なくありません。

毛穴レスな肌を作るためには、正しいケアを行う必要があります。間違ったケアから正しいケア、また日頃の洗顔でできる簡単なケアまでご紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

毛穴が目立つ原因とは?ケアする前に知っておこう


毛穴が目立つ原因には、主に次の4つがあります。肌の状態や年齢によって原因となりやすいものが異なるため、まずは自分に当てはまるものを確認してみましょう。

角質がたまっている

お肌の一番外側には、角質層と呼ばれるものがあります。新陳代謝によって下から押し上げられた皮膚が集まっている場所です。角質層にたまっている角質は、本来なら自然と剥がれ落ちますが、何らかの原因で剥がれ落ちずにたまってしまうことがあります。

すると、たまった角質が毛穴を塞いで、皮脂や汚れが毛穴に詰まった状態になってしまうのです。お肌の水分量が不足していたり、加齢や睡眠不足によりターンオーバーが乱れたりすると角質がたまりやすくなります。

お肌が乾燥している

お肌が乾燥している状態が続くと、肌がしぼんだような状態になり毛穴の周りの皮膚がくぼんでしまいます。くぼみができることで毛穴の周りに影ができ、毛穴が広がったように見えてしまうのです。乾燥肌の方や加齢によりお肌の水分量が低下している方に見られます。

角栓が詰まっている

皮脂や角質が毛穴に詰まり、そのまま固まってしまうと、角栓ができます。角栓は毛穴を押し広げるように詰まってしまうため、毛穴の開きが目立ってしまうのです。詰まった角栓が酸化して黒くなると、毛穴の黒ずみの原因にもなります。皮脂分泌が多めの方や角質がたまりやすい方によく見られるものです。

お肌のハリが不足している

ハリが不足すると、お肌が乾燥したときと同様に毛穴の周りの皮膚がくぼんで、毛穴の開きが目立つようになります。また、お肌を持ち上げる力が衰えてくることにより全体的にたるみが生じることも毛穴が目立つ原因です。ハリ不足やたるみによる毛穴の開きは、加齢によってコラーゲンやヒアルロン酸などが減少していくことにより起こります。

絶対ダメ!間違った毛穴ケアの方法


ついつい鏡を見て毛穴をいじっていませんか?毛穴をきれいにしようとして行っているケアが、かえって毛穴を目立たせているかもしれません。間違った毛穴ケアは数年後や数十年後のお肌に響くことはもちろん、そう遠くない未来のお肌にも影響をもたらします。まずは自分のケアが間違っていないか確認しておきましょう。

毛穴に詰まっている角栓をむりやり押し出す

もっともダメな毛穴ケアの方法が、むりやり押し出すことです。指先を使って押し出すと、毛穴に詰まっている角栓が出てくるため、一時的にきれいになったように見えます。

しかし、むりやり出すことでお肌を傷つけてしまい、ダメージによって毛穴が広がってしまうのです。お肌から顔を出している角栓を少し押して取り除く程度なら問題ありませんが、ぎゅっと力を入れて押し出すのは避けましょう。

毛穴パックを頻繁に使う

気になるところに貼って剥がすだけで角栓がスルッと取れる毛穴パックは、手軽に毛穴ケアができるアイテムとして多くの方が使っています。しかし、毛穴パックもやりすぎは禁物です。

角栓をむりやり引き抜く毛穴パックは、角栓だけでなくお肌にも大きな負担をかけてしまいます。お肌が弱い方が使うと、表面の皮膚が剥がれてしまうこともあるほどです。

洗浄力が強すぎる洗顔料を使う

洗浄力の強い洗顔料を日頃から使っていると、一時的には皮脂や汚れが取れるでしょう。しかし、必要以上に皮脂が取り除かれお肌が乾燥した状態になるため、ターンオーバーの乱れを招き角質がたまりやすい肌になってしまいます。たまった角質は、毛穴に蓋をして皮脂や汚れを詰まらせる原因です。

さっぱりしすぎる化粧水を使う

私たちのお肌は、十分なうるおいがあることでターンオーバーがスムーズに進むようにできています。そのため、保湿力の少ないさっぱりタイプの化粧水を使っていると、角質がたまり毛穴が開きやすくなってしまうのです。また、うるおい不足は毛穴の周りがくぼんで見えたり、たるみ肌の原因となったりします。

毛穴レスを目指す正しいケアの方法


角栓を手で押し出したり毛穴パックを使ったりすることは、毛穴が目立ちやすい肌を作る悪循環を招きます。一時的に毛穴をきれいにすることができても、長い目で見ると毛穴が目立ちやすい環境を作ってしまっているのです。

そのため毛穴の目立ちにくいお肌を作るためには、正しいケアを日頃から行う必要があります。大事なのはお肌に刺激を与えずにケアを行うことです。

クレンジングで皮脂をしっかり落とす

角栓がたまったり黒ずみが目立ったりしやすい方は、クレンジングをしっかり行うことで毛穴を目立たなくできます。クレンジングにはさまざまなタイプがありますが、毛穴ケアにおすすめなのはオイルタイプのものです。

毛穴に詰まった皮脂はオイルと馴染みやすいため、毎日のケアに使うことで毛穴を目立たなくできるでしょう。手でくるくると円を描きながら皮脂を軽く押し出すようなイメージでクレンジングを行います。

角栓や黒ずみではなく、乾燥が原因で毛穴が目立ちやすい方は、オイルではなくマイルドに皮脂を取り除いてくれるジェルやクリームタイプがおすすめです。お肌を乾燥させすぎず適度に皮脂を取り除けます。

洗顔料でお肌の汚れを取り除く

洗い落とせずに残った皮脂や汚れは、毛穴を詰まらせる原因です。クレンジングでは取り除けなかった皮脂や汚れを洗顔でしっかり落としましょう。

クレンジングと洗顔をしても毛穴がきれいにならない場合は、角質がたまって毛穴を塞いでいる可能性があります。うまく汚れが落ちないと感じたら、角質ケアをまずは行いましょう。

保湿ケアをしっかり行う

年齢を重ねるごとに毛穴が目立ちやすくなってきた方は水分不足が原因で毛穴が目立っている可能性があります。この場合、保湿をしっかり行うことで、お肌にハリを与えることが大切です。

お肌のうるおいを保つ土台となるコラーゲンや、それを支えるヒアルロン酸、細胞と細胞の間をつなぎとめるセラミドなどが入ったアイテムが向いています。

日頃の紫外線ケアも忘れずに

紫外線のうちUV-Aは、コラーゲンやヒアルロン酸を産生する線維芽細胞にダメージを与えます。その結果、お肌自身がうるおいを保つ力が低下し、乾燥による毛穴の開きの原因となるのです。また乾燥以外にも、シミやしわの原因にもなるため、紫外線対策は日頃から念入りに行う必要があります。

本格的な毛穴ケアには酵素洗顔がおすすめ

毛穴ケアをしたいけど、毎日のように時間をかけるのは難しい
簡単にできる毛穴ケアの方法を知りたい

このような方におすすめなのが、EVANSのジェントルクレンジングパウダーです。

エバンスジェントルクレンジングパウダー

エバンス ジェントル
クレンジングパウダー
EVANS Gentle Cleansing Powder

容量:90g 約180回分
※使用回数は個人差がございます。

化粧品種類:洗顔

黒ずみや角質をしっかりオフ

ジェントルクレンジングパウダーには、黒ずみや角質を落とすのに役立つ酵素が配合されています。配合されているパパイン酵素は、タンパク質を分解するはたらきがあることが特徴です。

角質はタンパク質でできているため、ジェントルクレンジングパウダーを使えばお肌の表面にたまっている角質を落とすことができます。

洗顔をしてもなかなか汚れが取れない、お肌の手触りがゴワゴワしている方は角質がたまっている証拠です。酵素洗顔を取り入れて黒ずみや角質を取り除くことで、毛穴の目立ちにくいお肌を手に入れられます。

スペシャルケアをしたいときは酵素洗顔パック

とくに黒ずみや角質が気になるとき、毛穴ケアをしっかりしたいときは、酵素洗顔を使った泡パックがおすすめです。泡立てネットできめ細かい泡を作り、1~3分ほどお肌に泡を乗せてください。簡単に毛穴対策のスペシャルケアができます。

まとめ

毛穴は角質や乾燥、角栓などによって目立ちやすくなるものです。手でむりやり押し出したり毛穴パックを使ったりすると、余計に毛穴が目立ってしまうので避けましょう。

クレンジングや洗顔で丁寧に角質や皮脂を落とし、しっかり保湿を行うのが正しい毛穴ケアの方法です。日頃から本格的な毛穴ケアをしたい方は、ぜひ酵素洗顔を使ってみてください。毎日の洗顔を酵素洗顔に変えるだけで、簡単に毛穴ケアができます。