日焼け止めの使い方を知りたい人は、塗る順番や使う量等に注意!

日焼け止めをきちんと塗ったはずなのに焼けてしまった
紫外線から肌をしっかり守る方法が知りたい

シミやしわの大敵となる紫外線からお肌を守るためには、毎日の紫外線ケアが重要です。しかし、しっかりと日焼け止めを塗っているつもりでも、焼けてしまったり肌トラブルが起きてしまったりといった経験がある方も多いでしょう。

ここでは、日焼け止めの効果を最大限に発揮する使い方をご紹介します。正しい日焼け止めの使い方を知ることで、お肌を健康的に保てるようになれるので、ぜひ参考にしてみてください。

日焼け止めの「SPF」と「PA」の違い


日焼け止めに必ず記載されている「SPF」と「PA」、それぞれが何を表しているのかご存知でしょうか。

まずはUV-AとUV-Bについて知っておこう

肌に影響を与える紫外線にはUV-AとUV-Bの2種類があります。UV-Aは紫外線A波とも呼ばれており、お肌の奥まで到達することが特徴です。お肌の奥にはコラーゲンやヒアルロン酸の生成に関わる線維芽細胞があるため、UV-Aの影響を受けるとシワやたるみの原因となります。

UV-Bは紫外線B波とも呼ばれ、UV-Aよりも強いエネルギーをもつ紫外線です。そのため赤みやシミ、そばかすの原因となります。

SPFはUV-B、PAはUV-Aを防ぐもの

SPFは2種類ある紫外線のうち、UV-Bを防ぐ指標です。日焼け止めを塗らないときと比べてどのくらいの時間、お肌が赤くなるのを防げるのかを表しています。

SPFの値が高いほど、紫外線の影響でお肌が赤くなるのを長く遅らせることが可能です。PAはUV-Aを防ぐ指標のことで、+の数が多いほど防御するはたらきが高くなります。

「紫外線吸収剤」と「紫外線散乱剤」の違い


日焼け止めに入っている紫外線を防止する成分には、紫外線吸収剤と紫外線散乱剤の2種類があります。

紫外線吸収剤

紫外線吸収剤は、化学変化を利用して紫外線を熱エネルギーになどに変えるものです。お肌の表面で化学変化を起こすことで、紫外線がお肌に直接当たらないようにします。

紫外線散乱剤よりも効果が高く、白浮きしません。また、伸びがよいので使いやすいことが特徴です。

紫外線散乱剤

紫外線散乱剤は、紫外線を物理的に反射してお肌を守ります。ノンケミカル処方の日焼け止めに使われており、紫外線吸収剤と比べるとお肌への負担が少ない成分です。

ただし白浮きしやすく、紫外線を防止する効果は紫外線吸収剤よりも劣ります。

日焼け止めを塗るときは量と頻度、順番に注意


日焼け止めは、塗る量や順番を守ることで本来の効果を発揮できます。とくに塗る量に関しては、規定量を塗れていない方が多いので、あらためてここで確認しておきましょう。

日焼け止めは適切な使用量を守る

顔に塗る日焼け止めの量は、一般的に500円玉大ほどが適量だと言われています。しかし、実際に500円玉大ほどの日焼け止めを出してみると、量の多さに驚くことでしょう。一度でこの量を塗ろうとするとどうしても馴染みにくいので、半量ずつを2回にわけて塗るのがおすすめです。

なお、日焼け止めの適量は製品によって異なることもあるので、パッケージに記載されている量を確認してから使用しましょう。

日焼け止めは一度塗った後もこまめな塗り直しが大切

日焼け止めは一度塗っただけでは効果を発揮するのに不十分です。しっかり塗ったとしても、衣類とこすれたり汗をかいたりすることで落ちていってしまいます。

そのため2~3時間おきの塗り直しが必要です。メイクをしている場合は、メイクの上から使えるスプレーやパウダータイプの日焼け止めをお直し用として使うと便利でしょう。

日焼け止めの塗り残しに注意

しっかり塗ったつもりだったのに、うっかり日焼けしてしまった経験がある方もいるかと思います。とくに首やデコルテ、あごの下や耳の裏など自分で見にくいところは塗り残しが多く、うっかり日焼けをしやすいものです。見えにくいところは鏡を使って念入りに塗りましょう。

日焼け止めの正しい使い方


日焼け止めは、ただ塗るだけでも紫外線からお肌を守ってくれますが、正しい使い方をすることでより効果が増します。お肌のダメージを最小限にするためにも、使い方をマスターしておきましょう。

日焼け止めを使う順番

メイクをする場合、日焼け止めをいつ塗ればいいのか迷ってしまうかもしれません。正解は日焼け止め→化粧下地→ファンデーションの順番です。スキンケアも行う場合は化粧水やクリームなどを塗ってから日焼け止めを塗りましょう。

ただし、パウダーやスプレータイプの日焼け止めは、メイクが終わってからでも使用できます。

日焼け止めの顔への塗り方

おでこ、両頬、鼻、あごの5か所に日焼け止めを乗せます。顔全体に日焼け止めを伸ばすように、くるくると塗り広げていきましょう。あごの下や耳の裏も忘れずに塗ってください。

全体に塗れたら、同じようにしてもう一度塗ります。最初に日焼け止めを置いた5か所は、顔のパーツの中でも高さがあり焼けやすい部位なので、とくに念入りに塗りましょう。

日焼け止めの体への塗り方

手や足に日焼け止めを線上に出した後、くるくると円を描くように全体へ伸ばしていきます。太ももやふくらはぎ、ひざの裏は塗りムラになりやすいので、念入りに伸ばしましょう。

体全体に伸ばしたら、もう一度同じように線上に日焼け止めを出し、二度塗りします。自分で塗りにくい首の後ろや背中は、スプレータイプの日焼け止めを併用すると便利です。

しっかり洗い流すことも忘れずに

日焼け止めを落とさないまま過ごしていると、肌荒れの原因になります。日焼け止めを塗って過ごした後は、専用のクレンジング、または石鹸でしっかりと落とすことも大切です。

なかには落ちにくい日焼け止めもありますが、ゴシゴシこするとお肌に刺激を与えてしまうので注意。落ちにくい日焼け止めはオイルクレンジングをマッサージするように馴染ませると落ちやすくなります。

お肌を紫外線から守るコツ


正しい使い方で日焼け止めを塗っても、紫外線の影響を100%防ぐことは残念ながらできません。さらにプラスアルファの対策をして、紫外線からお肌を守ることが大切です。

紫外線対策は夏以外でも行う

ジリジリと太陽が照りつける夏場は紫外線対策をしている方が多いでしょう。しかし紫外線は、夏以外にも多く降り注いでいます。紫外線の量は5月には真夏と変わらないほどになり、9月や10月も変わらず多く降り注いでいるものです。

そのため、夏以外でも紫外線対策が欠かせません。年中を通して夏と変わらないほど強い日焼け止めを使う必要はありませんが、紫外線量やシーンに合わせた日焼け止めの使用が必要です。

くもりや雨の日でも紫外線対策を怠らない

天気が悪い日は日差しが強くないので、紫外線対策をせずに外出している方も多いかもしれません。しかし、くもりの日でもUV-Aは晴天時の75%、UV-Bは50%も降り注いでいると言われています。

たしかに紫外線量は減っていますが、日焼け止めを使わないでいいほどにまで減っているとは言えません。紫外線ダメージは確実にお肌へ蓄積していきますので、くもりや雨の日でも紫外線対策はしっかり行いましょう。

室内にいるときも紫外線対策を行う

紫外線を浴びてしまうのは、何も屋外にいるときだけではありません。屋外に降り注いでいる紫外線の約10~20%が室内にいても降り注いでいるのです。外出しないからといって紫外線対策をせずに過ごしていると、少しずつダメージを受けてしまうので注意しましょう。

日焼け止めはSPF10~20、PA++ほどのもので十分です。UV効果のあるカーテンを設置するのもよいでしょう。

生活シーンに合わせて日焼け止めを選ぶ

シーンに合わせた日焼け止めを選ぶことで、紫外線対策の効果が高まるほか、お肌への負担を最小限に抑えられます。

  • 屋内にいるとき
  •  SPF10~20、PA++

  • 短時間だけ外出するとき
  •  SPF30、PA+++

  • 長時間にわたって外出するとき、海やプールに行くとき
  •  SPF50、PA++++

汗をかきやすい場所に行ったり海やプールに行ったりするときは、日焼け止めがすぐ落ちてしまうのを防ぐためにウォータープルーフタイプのものを選びましょう。

屋内にいるときや短時間だけしか外出しないときは、少し軽めの日焼け止めで十分です。むやみにSPFやPAの値が高いものを使うとお肌の負担が増してしまうので、適切なものを使うように心がけましょう。

まとめ

日焼け止めは適切な使用量を守り、2~3時間おきに塗り直すことが大切です。あごの下や耳の裏など、塗り残しやすい部位はとくに念入りに塗りましょう。くるくると円を描くように伸ばすことで、塗りムラができてしまうのを抑えられます。

日焼け止めがお肌に残ったままだと負担になりやすいので、クレンジングや石鹸でしっかり落とすことも大切です。天気や季節、屋内外を問わず紫外線対策を行うことで、しっかりと紫外線からお肌を守りましょう。毎日の積み重ねが未来のお肌を大きく変えます。

エバンス ハイドレイティング UV ジェル

エバンス
ハイドレイティング
UV ジェル
EVANS Hydrating
UV Gel

容量:50ml

商品価格:3,432円(税込)